ブラックジャックとは?

ブラックジャックとは、ディーラーと勝負する大人気テーブルゲームです。

ブラックジャックに関しての映画が出ているほど人気でテーブルがいつも満席になるほど、ハマりやすいゲームだと思います。

そんなブラックジャックのやルールはすごく簡単です。

ルールは、配られたカードの合計点が21またはディーラーより21に近ければ勝利というルールです。 

ブラックジャックは、最初に配られる2枚のカードに追加で21にカード点数を近づけるため、プレイヤーは何枚でもカードを引くことが出来ますが、ディーラーはカード合計点が17になるまで、強制的にカードを追加で引かないといけません。

それでは、早速カードの数え方を紹介していきます。

ブラックジャックカードの数え方

blackjack

【A(エース)は1もしくは11と数える】

【2~9までは普通に数える】

【10/J/Q/Kは10と数える】

ブラックジャック用語

blackjack

HIT

ヒットとは追加でカードを引くこと

STAND

スタンドとは追加カードを引かないで勝負すること

DOUBLE DOWN

ダブルダウンとは、ベット額を倍増にして、カードを1枚追加で引いて勝負すること

SPLIT

スプリットは同じカードが配られた場合、ベットした金額と同額を賭けて、手札を2つに分けること 

BUST

バーストとは、カード合計値が21を超えてたため、負けること

SURRENDER

サレンダーとは、最初に配られた2枚のカード合計値を見て、ディラーの手札に敵わないと判断した際にサレンダーをすると、賭け金の半分が返還される

INSURANCE

インシュアランスとは、ディーラーに敵わないと判断したときに使えるアクションです。賭け金の半分を保険として差し出すことによって、もし予想が当たりディーラーの手札がブラックジャック(21)になった場合、保険金として差し出した金額の合計額が戻ってくることがインシュアランスです。

OPEN CARD

オープンカードとは、表向きに配られ、カードの点数が公開されているカードのこと

HARD HAND

ハードハンドとは、A(エース)が含まれていない手札のこと

SOFT HAND

ソフトハンドとは、A(エース)が含まれている手札のこと

ブラックジャック必勝法

blackjack

1: ヒットするタイミング

また、ディーラーのオープンカードが7以上だった場合、バーストする確率もたかくなる為、自分の手札が17になるまでヒットすることが必勝法の一つになっています。

また、配られたカードがソフトハンド(Aが配られたら)だった場合とハードハンドの11以下だった場合も、迷わずヒットしましょう。

2:スタンドするタイミング

スタンドのタイミングとしては、自分の手札がハードハンドの12以上で、ディラーのオープンカードが2~6だった場合は基本全てスタンドしてそのまま勝負をするようにしましょう。

また、自分の手札の合計値が以上だった場合も、必ずスタンドするようにしてください。

3:ダブルダウンするタイミング

ダブルダウンをするタイミングは、自分の手札が9、10、13~18だった場合です。 

手札が9だった場合:ディーラーのオープンカードが3~6であればダブルダウン

手札が10だった場合:ディーラーのオープンカードが2~9であればダブルダウン

手札が11だった場合:ディーラーのオープンカードが2~10であればダブルダウン

手札が13~18だった場合(Aと2・Aと7):ディーラーのオープンカードが4~6であればダブルダウン

4:A(エース)が配られた場合のアクション・ソフトハンドの使い方

AとAだった場合はスプリットが可能となるので、必ずスプリットしておくと有利です。 

なぜかというと、手札をブラックジャック(21)にする為にはAが必要になるからです。

スプリットして、どちらかの手札に絵柄が配られれば、ブラックジャックになり自動的勝利になります。 

5:ブラックジャックベーシックストラテジーの表を使う

ブラックジャックのベーシックストラテジー表とは、とても便利な表で、ブラックジャックで勝つ確率を上げる為に使われる必勝法の表となっています。 

blackjack
blackjack
blackjack
blackjack

その他、上記のテクニックと同時に使える攻略法もあります。

攻略法を使うことで、勝率が高まるといわれています。

マーチンゲール法

マーチンゲール法とは、連敗している時にベット額を2倍にしていき、勝った時一気に損失していた分の金額を取り戻すための攻略法です。

例: 

資金 ⇒ $100 

賭け金勝敗損益
1$1×-$1
2$2×-$3
3$4×-$7
4$8×-$15
5$16+$1

グランマーチンゲール法

グランマーチンゲール法とは、マーチンゲール法が変形した攻略法といわれています。

マーチンゲール法と同じで、負けている時に使うテクニックです。

マーチンゲール法とグランマーチンゲール法の違いは、グランマーチンゲール法は+αを追加して賭けていく流れになるので、リスクはマーチンゲール法より高いです。 +αの額をどう決めるかは、プレイヤー次第ですが、通常最初に賭けた金額が使われます。 例えば、最初$1を賭けていたなら+αは1単位です。

例:

資金 ⇒ $100

ベット額勝敗損益
1$1負け-$1
2$3(1×2+α=3)負け-$4
3$7(3×2+α=7)負け-$11
4$15(7×2+α=15)勝ち+$4
5$1勝ち+$5

パーレー法(逆マーチンゲール法)

パーレー法はマーチンゲール法の逆で、連勝している時に使われる攻略法です。

連勝している時に前回賭けていた金額の2倍を賭けて、一気に利益を高めるていくという攻略法になっています。

例:

資金 ⇒ $100

賭け金勝敗利益
1$1勝ち$1
2$2負け-$1
3$1勝ち$0
4$2勝ち+$1
5$4勝ち+$3

グランパーレー法

グランパーレー法は、パーレー法が変形した攻略法といわれています。

グランパーレー法は連勝している時に前回賭けていた金額の倍+αを追加して、パーレー法より短時間で利益を高めることが出来る攻略法となっています。

例:

資金 ⇒ $100

賭け金勝敗利益
1$1勝ち+$1
2$3(1×2+α=3)勝ち+$4
3$7(3×2+α=7)勝ち+$11
4$15(7×2+α=15)勝ち+$26
5$31(15×2+α=31)勝ち+$57

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *