online casino

オンラインカジノとは、インターネット上でお金を賭けて、ゲームやくじをしてゲームに勝つコトで、お金を稼げるウェブサイトのコトです。

でも本当に稼げるの?と不安になりますよね。

今回は、そんなオンラインカジノの稼ぎ方のコツについて紹介していきたいと思います。

online casino

オンラインカジノへの参加条件

オンラインカジノへの参加は、まず18歳以上であるコトが前提となります。

なので18歳以下は間違っても登録しないようにしてくださいね!

またネッテラーというサービスを使いますので、免許証や保険証などの本人確認書類のいずれかを用意しておきましょう。

オンラインカジノ自体への登録は無料でできますし、年会費もありません。

最初は、カジノゲームのルールを覚える目的で無料プレイで、次にお金を稼ぐコトを考えて、有料プレイを選んでいきましょう。

オンラインカジノではどんなゲームで遊べる?

オンラインカジノでの代表的なゲームは下記の通りです。

・ブラックジャック

・バカラ

・ポーカー

・スロット

・キノ

・クラップス

・ルーレット

その他、カジノ以外にも、イロイロなギャンブルがおこなわれています。

・マージャン

・スポーツベット

バイナリーオプション

スポーツベット(スポーツブック)は、スポーツで誰が勝って誰が負けるかを予想してお金を賭けるゲームで、バイナリーオプションは株価があがるかさがるかを予想してお金を賭けるゲームです。

オンラインカジノと他のギャンブルの控除率と還元率

カジノを含めて、ギャンブルには、控除率(テラ銭)と還元率という概念があります。

簡単に言ってしまえば、参加者がギャンブルに払ったお金の総額のうち、ギャンブル運営者(胴元)のお金になるのが控除率(テラ銭)、全体の参加者の利益として戻ってくるのが還元率です。

必ず、以下の計算式になります。

「控除率+還元率=100%(参加者の賭け金の総額)」

つまり賭け事では、運営が回収していくテラ銭の控除率があるかぎり、参加者全員の利益としては、損をするコトになります。

そして個人の参加者の規模で考えれば、毎回の賭けで、テラ銭を上回るお金を確保しなければ、損をするコトになるのです。

よって控除率が低く、還元率が高いほど、ギャンブルでは儲かりやすいというコトなのです。

オンラインカジノ:代表的なギャンブルの控除率と還元率

オンラインカジノ
  控除率  還元率
宝くじ    54%  46%
競馬    25%  75%
パチンコ  20%  80%
オンラインカジノ    5%  95%

上の表を見るとオンラインカジノが他の賭博とくらべて、圧倒的に控除率が低く還元率が高いのがわかりますよね。

コレはオンラインカジノの場合、土地代や人件費といったものがまったくかからなく、運営費が低くて済むためなのでです。

ギャンブルによくありがちな、徹底的に負けてしまい、お金をもっていかれてしまうという「回収モード」は、オンラインカジノには存在しません。

不評で詐欺的なオンラインカジノは、カジノ許可国からのライセンスを剥奪されるので、法的に許可されたカジノ運営ができなくなります。

オンラインカジノは、イメージダウンをなによりも恐れる為、還元率の高さも対策のひとつと言えるでしょう。

オンラインカジノ参加者全体の利益が、90%~105%の高還元率になるのは、間違いありません。

オンラインカジノで稼ぐコツ

ブラックジャックについては戦略や知識次第で、かなり還元率をあげるコトができます。

適当にやっているかぎりでは控除率は5%ですが、ベーシックストラテジーを使ってその通りにやれば、2%の控除率です。

カウンティングの手法を身につけるコトで、マイナス5%の控除率、105%の還元率を実現するコトもできるんですよ。

オンラインカジノで効率よく稼ぐコトを考えるなら、ブラックジャックで戦略を身につけるのが一番オススメです。

またベッティングシステム(賭け方)についても、以下のようなものを知っておくコトで、勝率をあげるコトができますよ。

【代表的なベッティングシステム】

・マーチンゲール法

・ベアビック法

・モンテカルロ法

・ココモ法

・パーレー法

・65パーセント法

・98.48パーセント法

・ウィナーズ投資法

・31システム法

オンラインカジノの選び方

オンラインカジノは詐欺サイトも多いですので、慎重に選んでいきましょう。

最初にライセンスを確認しましょう。

オンラインカジノのサイトにいけば、トップページで、政府から運営の許可を得ているかどうかを判別します。

ライセンス用のマークや、ライセンスを与えた国の名前が見つかれば、比較的にすぐわかりますよ。

eCOGORAという第三者機関のマークが掲載されているコトも、そのオンラインカジノが健全かどうかの判断材料となります。

イギリスはオンラインカジノを法律レベルで認めており、政府も積極的に推進していますのでイギリス本国と、その息のかかっているジブラルタル、マルタ島、マン島の政府からライセンスのあるオンラインカジノは、特に安心できると言っていいでしょう。

オンラインカジノの稼ぎ方:まとめ

オンラインカジノ

オンラインカジノの運営は、許可している国とそうでない国とに大きくわかれます。

OKしている国にはイギリスがあり、規制のある国には、アメリカや日本があります。

現在、日本でオンラインカジノを運営するコトは認められていませんが、オンラインカジノにカジノ許可国(マルタ島など)からのライセンスがあって、オンラインカジノのサーバー(胴元)が許可国に存在していて、決済や換金は海外のサービスを使う(ネッテラー等の使用)という条件をクリアしていれば、賭博罪は成立しないのですよ。

コノ3つがしっかり守られているケースでは、日本人がオンラインカジノによって取締りを受けたコトは今までに一度もありませんので安心してプレイしてくださいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *